レーシックで目の疲れが治る?

眼鏡とコンタクト

眼精疲労のひとつに、眼鏡にかけすぎや視力の悪化による度が合ってない症状、コンタクトによるドライアイなどがあげられます。確かにそれらは目の負担になり、眼精疲労の原因にもなりますが全てではありません。

 

レーシックによって治るのは視力であり、あまり眼鏡やコンタクトに頼らなくてもいい状態にはなりますが、裸眼になったからといって疲れ目は完全に治りません。

 

ただコンタクトに違和感を覚えて、何度も付け替えたりして目がコロコロしがちな方は、レーシックをすればスッキリすると思います。これはかなりのメリットだと思います。

 

普通の視力の人でも目を使いすぎると疲れ目は起こりますし、場合によっては肩こりからも起こります。適度に目を休め、マッサージなどをしましょう。

眼精疲労について

眼精疲労による一番怖いのは他に体の病気が隠れていて、それが目に現れていることです。特に目は脳と直結しています。あまりにひどいようならそういう専門の病院に行くことを考えた方がいいでしょう。

 

勿論、目の病気も考えられます。レーシックの話をきくと共に診察を受けるのもいいでしょう。後、精神的にひどい精神状態であっても自律神経の働きが乱れ眼精疲労は起こります。リラックスして原因をつきとめましょう。

 

眼精疲労に関していえば、レーシックでの効果はあまり期待できません。

 

勿論、視力の回復により眼鏡をかける頻度は減り、コンタクトの渇きからも解放されるでしょう。ですがレーシックを受けても目を保護するという理由から眼鏡は使用しますし、ドライアイにもなりやすいです。

 

それでも他に原因がなく、視力が回復することを望むのでしたらレーシックを受けられるのもいいでしょう。その時に1番に治したいことなどを医師に明確に伝えて、相談してください。